辻氏会見 政権交代に意欲

神戸新聞 2006/08/09   

 

 来夏の参院選に向け、民主党の公認を受けた現職の辻泰弘氏(50)が8日、兵庫県庁で会見した。

 辻氏は年金や医療、高齢者負担の軽減といった社会保障政策をはじめ、雇用対策や労働法制の整備に取り組んだ実績を強調。「改革は必要であっても、同時に行うセーフテイネット(安全網)をしっかりはらない政策は転換しなければならない」と訴えた。

 党内不祥事が相次ぐなかで誕生した小沢執行体制については、「政権交代への期待が有権者にあり、これまでの支持にプラスし、小沢体制への期待も広がっている」と受け止める。「参議院で与野党が逆転すれば、衆議院の解散・総選挙へとつながり、日本の政治が大きく変わる」と政権交代への意欲を見せた。